カラットの魅力

処理量が大きいわりにコンパクト。このようにキッチンの見えない場所に機械があるため、キッチン内を効率よく広々と使えます。
処理中でも次々に追加投入が可能なのが強みです。
生ゴミをシンクの排水口へ入れてすぐに処理開始。
キッチンはいつも清潔な状態です。

長野県にあるキッチンカラットのメーカーにて説明を受けたときの内部構造の動画です。

最新式のディスポーザ(粉砕機)を取り付けることで音がかなり静かになります。

Pagetop

図の流れで処理され、スピードが圧倒的に速く電気代がかかりません。
全てがシンク内で処理できるので、室内や屋外に持ち歩かずに済みます。
生活時間帯に随時処理してしまうため、処理音や処理時間が気になりません。
音がするのは粉砕時のみです。
キッチンカラットは固いものが落ちるとストップします。粉砕は刃で切るタイプではないので、お子様でも安全です。

キッチンカラットは粉砕処理し、水分のみを下水に流してから処理するため、生ゴミが20分の1と驚くほど小さくなります。
ゴミの日に生ごみを1袋出している場合は、食材にもよりますが20回に1回で済む計算になります。それよりも最大のメリットはとても衛生的な生活になるということ。
アメリカのようにディスポーザだけの取り付けはできない地域に住んでる方でも、取り付けが可能です。

キッチン工事や建物の新築時にこちらの導入をご検討すると、より快適なキッチンが完成します。
食洗器とキッチンカラットのある台所は家事がとても楽ですよ。

けっこう頑丈にできていて発売後10年ほど経ちますが、思ったほど致命的な故障につながった話は出てきません。定期的にメンテナンスが必要になりますので、とても安心です。
メンテナンスの関係もあり十勝管内限定の販売になりますが、興味のある方はお問い合わせください。
お見せできる商品も用意しております。

ゴミの種類

処理できるもの

野菜・魚・肉、魚の骨・鶏の骨・甲殻類の殻・菓子類・穀物・茶かす・卵の殻・貝殻(あさり程度) (種類によって処理のスピードが異なります)

処理できないもの

大きな獣骨(牛・豚など)・硬くて大きな貝殻(はまぐり、サザエなど)・ガラス類・陶磁器類・金属類・種・その他人間が食べられない物全般

Pagetop

設置までの流れ(あったかホーミングで設置する場合)

1.自治体への設置可否確認
キッチンカラットは、排水設備のため、自治体により設置可否があります。
こちらで自治体に確認を取りますので、まずはお問い合わせください。
2.キッチンの設置スペース確認
キッチンカラットは、排水口に粉砕機を取付し、処理機をシンク下キャビネット内に設置します。
設置条件は、あったかホーミングに直接お問い合わせいただくか、メーカーのホームページをご確認ください。http://www.kitchencarat.jp/
3.維持管理点検契約の締結
機械からの排水の水質を管理するため、年1回以上のメンテナンス・維持管理点検(有料)が義務付けられています。
指定の維持管理業者(あったかホーミング)とお客様で維持管理契約を結ぶ必要があります。
4.自治体への設置申請
取付工事前に、各自治体の指定排水設備工事店より設置申請をします。
申請書式は自治体により異なりますので、あったかホーミングまでお問い合わせください。
5.取付工事・取扱説朋
メーカー指定の設置業者(あったかホーミング)が取付いたします。所要時間は約2時間です。
Pagetop

利用者の声

キッチンカラットのホームページで、随時掲載されていますのでご覧ください。
たくさんの利用者の方の声が掲載されています。
キッチンカラットお客様の声

あったかホーミングからのオススメ

キッチンに装置を組み込むタイプの生ごみ処理機の最大の利点は、キッチンから出た生ごみを直接その場で処理してしまうこと。そして生ごみは、家庭から排出されるごみ全体の35%を占めています。
この商品は、下水道への負担をなくすことを目的に作られた商品で浄化槽不要タイプのものです。

私はこの商品を7年前より販売・メンテナンスしていますがどのお客様も喜んでいますし、大切に使ってくれています。ただ、生ごみを処理する機械なので雑に扱うと壊れてしまう可能性もあります。

この類の商品は1度使うとやめられない、本当に便利な手間のかからないものです。
それと生ごみを排水に直接流してしまうディスポーザがかなりの件数付いているようですが、 そのような商品が増えてしまう前に本当に環境に貢献するこの商品を後押しして下さい。

Pagetop

日本の深刻なごみ問題

日本中で、毎日出される大量のごみ。最近では、生ごみが可燃ごみの40%近くを占めているといわれます。
ごみ収集車の運搬費、焼却費、埋め立て地の問題、土壌からの環境汚染などの問題を抱えています。
各家庭での生ごみ処理方法が模索される中、これまでのディスポーザの欠点をカバーし、自治体や環境への負荷を減らすキッチンカラットがいま産目されています。

Pagetop

パンフレット

パンフレットをご用意いたしておりますので是非ご覧ください。
キッチンリフォーム等、住宅のリフォームのご相談もどうぞお気軽にご相談ください。

家庭用生ゴミ処理機☆キッチンカラット⇒[PDF]
もっと詳しい内容は、メーカーのホームページでご確認ください。
http://www.kitchencarat.jp/ キッチンカラット
Pagetop